知る

一般公開行催事のご案内:どなたでもご参加いただけます

各寺院主催の行催事(年中行事)案内:2017年

月例行事は、交流する>同朋の会をごらんください。
詳細は各寺院にお尋ねください。赤い文字(ブラウザの設定によっては赤くならない場合もあり)にマウスカーソルをおくと説明が表示されます。(JavaScriptをONにして下さい)

         
開催日時 寺院 行事(法要)名 内容
1/1:午前10時半~正午 順覚寺 修正会
修正会(しゅしょうえ):御同朋御同行ともどもに新年を祝い、念仏生活を力強く歩む思いを新たにする元旦の法要。元旦会ともいう。
一月の定例法要と兼ねる(定例法要に関してはこちら)
1/1:午前7時~ 一心寺 修正会
1/1:午前10時~11時 教心寺 修正会 勤行、法話(住職)、ぜんざいの接待
1/1:午前 引接寺 修正会
1/1:午前10時~正午 光圓寺 修正会
1/1:午後2~3時 碩善寺 修正会
1/1:午後2時~3時 法照寺 修正会
1/1:午後2時~3時 上宮寺 修正会 お抹茶、甘酒のふるまい ビンゴゲーム
1/2:午後1~3時 恵林寺 修正会 お斎あり
1/3:午後2~3時 正覚寺 修正会 皆で正信偈をお勤めする会
1/11:午前11時~1/12:正午 一心寺 報恩講
報恩講(ほうおんこう):宗祖親鸞聖人の御恩徳を謝するために行う法要。本山・東本願寺では、毎年11月21日から28日までの8日間勤められ、これを御正当(ごしょうとう)の報恩講という。別院や一般寺院、また一般家庭においても、本山に先立って報恩講を勤めることが多く、これを「お取越し」とか「お引上」と称する。
御伝鈔(ごでんしょう):親鸞聖人の曽孫にあたる覚如上人による『親鸞伝絵(でんね)』のうち、詞書きの部分を御伝鈔(伝記のこと)といい、絵の部分は御絵伝といって掛け軸に仕立てられている。報恩講では、御絵伝を掛けて、御伝鈔が拝読されることが多い。
法話、御伝鈔、懇親会など(詳細は一心寺報にて)
2/14:午後2時~4時 教心寺 涅槃会
涅槃会(ねはんえ):涅槃は心の平静・安らぎを意味するパーリ語の「ニッバーナ」の音訳語で、「寂滅」と意訳する。ここから、釈尊の肉体的な死を「完全なる涅槃」と表現するようになり、涅槃会は釈尊の遺徳を讚える法要である。
兼年間物故者追弔会
3/8:午前10時~、午後1時半~ 上宮寺 春季永代経
お斎(おとき):元来、仏教の出家は午後食事することを禁じられ、午前中の食事を斎食(さいじき)といった。「とき」は、時間に関係することから。転じて、法要の際に供される食事をさす。
講師:林祥真師、お斎あり、昼にイベントあり
3/12 一心寺 春季永代経
永代経(えいたいきょう):「永代経」という名のお経があるのではなく、永代読経の略。子々孫々、永代にわたって、浄土三部経が読誦され、仏法が伝えられることを目的とする法要。
3/21:午前10時~ 法光寺 春彼岸会・永代経 法要とミニコンサート、お斎あり
3/20:1部、午前9時半~10時半、2部、午前11時半~午後12時半 碩善寺 春彼岸会・永代経・納骨法要
3/20:午前10~午後3時 安順寺 春季永代経 講師:佐々木一実・安順寺住職、お斎あり
3/21:午後2時~4時 教心寺 彼岸会
彼岸会(ひがんえ):春分の日、秋分の日を中日とし、前後各三日の七日間、年二回行われる法要。彼岸とは「覚りの世界」で、此岸(迷いの世界)に対していう。
法話:教心寺住職
3/22 一心寺 彼岸会
3/29:午前10~午後3時半 法照寺 春季永代経 説教:八神正信師、お斎あり
4/4:午前10時~ 法雲寺 永代経 説教:八神正信師、お斎あり
4/6:午前10時半~正午 順覚寺 花まつり 勤行、法話:加藤義彦・順覚寺住職
4/7:午前10時半~正午 西福寺 花まつり 笑桜会 昼食をご用意します
4/8:午後2~4時 教心寺 花祭り 灌仏、勤行、ピアノコンサートと仏教讃歌(ピアニスト:小島千加子)
4/12 恵林寺 春季永代経 お斎あり
4/12 一心寺 伝灯会・降誕会 前住職からの法灯を継承し、あわせて釈尊と宗祖の生誕を祝う法要
4/18:午前10~午後3時半 晃照寺 春季永代経 説教:八神正信師、お斎あり
4/19:午前11~正午 晃照寺 町内追弔会 お勤めと法話
4/23:午前10時~ 明岸寺 春季永代経 説教:八神正信師
5/3:午前10時~、午後1時半~ 浄恩寺 永代経法要 説教:長谷川誠師、お斎あり
5/6:午前10時~、午後1時半~ 引接寺 永代経 説教:前田和丸師、お斎あり
5/8:午前10~午後3時 願成寺 春季永代経 説教:八神正信師、お斎あり
5/10 昭和寺 永代経 説教:前田和丸師、お斎あり
5/14:午前10時~、午後1時半~ 願正寺 春季永代経 説教:八神正信師、お斎あり
5/22:午前10〜, 午後1時半〜 光圓寺 春季永代経 お斎あり
5/25:午前10~午後2時半 教心寺 永代経 説教:石原和久師、お斎あり
5/28:午前10~午後3時半 西福寺 春季永代経 説教、お斎あり
6/3 安順寺 研修旅行 御旧蹟の参拝(行き先未定)
6/28 教心寺 帰敬式 お斎あり
7月夏休み初日から6日間:午後6時~7時 碩善寺 夏休みこどもおつとめのけいこ 幼児から中学生まで。会費500円(おつとめの本と数珠をお渡しします。)
7月夏休み初日から6日間:午後6時~7時 上宮寺 夏休みこどもおつとめのけいこ 正信偈の稽古、紙芝居、くじ引き 最終日にみんなで食事
8/12~14:午前10時~、15:正午~ 一心寺 盂蘭盆会
盂蘭盆会(うらぼんえ):「お盆」と通称されている。孟蘭盆とはサンスクリット語の「ウランバナ」の音写で、逆さに吊るされるような非常な苦しみを意味する。釈尊の弟子、目連尊者の母が餓鬼道の苦しみから救われたという『孟蘭盆経』に説く故事に由来し、世々生々の父母兄弟がともどもに苦悩の世界から救済される喜びをあじわい、仏徳を讃嘆する法要として行われる。歓喜会(かんぎえ)ともいう。
法話:前田和丸・一心寺住職
8/12:午前11時~ 法照寺 盂蘭盆会
8/10:午前10~、午後2時~ 願正寺 盂蘭盆会法要 初盆の方
8/12~15 願正寺 盂蘭盆会法要
8/13:午前8~9時 教心寺 盂蘭盆会 勤行、法話
8/13:午後1時~5時 引接寺 盂蘭盆会
8/13~14 恵林寺 盂蘭盆会法要
8/13~14:1部、午前9時半~10時半、2部午前11時半より午後12時半 碩善寺 盂蘭盆会
8/13:午前9時~午後3時、14:午前9時~正午 上宮寺 盂蘭盆会
8/15:午前10時~11時 碩善寺 盂蘭盆会 初盆の方
8/14:午前10時~ 光圓寺 盂蘭盆会法要
8/14:午前10時~、午後1時~ 浄恩寺 盂蘭盆会法要
8/15:午前10時半~ 順覚寺 盂蘭盆会・戦没者追悼法要 本堂内戦没者納骨壇前にて読経、法話:加藤義彦・順覚寺住職
8/15:午前10時~ 法光寺 盂蘭盆会 法要と住職による法話
9/8:午前10時~、午後1時半~ 上宮寺 秋季永代経 説教:中村薫師、お斎あり
9/12 一心寺 秋季永代経
9/14:午前10時~、午後1時半~ 願正寺 秋季永代経 説教:八神正信師、お斎あり
9/15:午前10~午後3時半 法照寺 秋季永代経 説教:荒山信師、お斎あり
9/20:午後2時~4時 教心寺 秋彼岸会 法話:住職
9/22:午前10〜, 午後1時半〜 光圓寺 秋季永代経 お斎あり
9/23:午前10時~ 法光寺 秋彼岸会・永代経 法要と法話、お斎あり
9/23:1部午前9時半~10時半、2部午前11時半~午後12時半 碩善寺 秋彼岸会・永代経・納骨法要・音楽法要
9/23:午前10~午後3時 安順寺 秋季永代経 講師:未定、お斎あり
9/28:午前10時~午後3時半 西福寺 秋季永代経 説教、お斎あり
9/29:午前10時~ 明岸寺 秋季永代経 説教:八神功信師
10/8:午前10~午後3時 願成寺 秋季永代経 説教:八神正信師、お斎あり
10/12 恵林寺 秋季永代経 お斎あり
10/12 一心寺 秋季永代経
10/20:午前10時~ 正福寺 報恩講 説教:住職
10/29:午前10~午後2時半 教心寺 報恩講 法話:前田和丸師、お斎あり
10/29:午前10~午後3時半 法照寺 報恩講 説教:八神正信師、お斎あり
11/3:午前10時~、午後1時~ 碩善寺 報恩講・帰敬式
帰敬式(ききょうしき):真宗門徒となるための儀式で、剃頭の儀(おかみそり、但し実際に剃髪するわけではない)を受け、法名を授かる。法名とは仏教徒としての名前であり、本来は生前に受式すべきもの。キリスト教でいう洗礼に相当する。
法話:八神正信師
11/4:午前10時~、午後1時半~ 法雲寺 報恩講 説教:八神正信師、お斎あり
11/6:午前10時~、午後1時半~ 引接寺 報恩講 説教:松枝廣信師、電子オルガン、ハーブ等にあわせシャンソンを2,3曲聞き、その後、昔なつかしい童謡を皆で合掌後お斎
11/8:午前10~午後3時 願成寺 報恩講 説教:池田徹師、お斎あり
11/8:午前10時~、午後1時半~ 上宮寺 報恩講 説教:伊奈祐諦師、お斎あり
11/12 恵林寺 報恩講 お斎あり
11/13午前10時~、午後1時半~ 浄恩寺 報恩講 講師:荒山優師、お斎あり
11/14:午前10時~ 明岸寺 報恩講 説教:八神正信師
11/18:午前10~午後3時半 西福寺 報恩講 説教、お斎あり
11/20:午前10~午後3時半 晃照寺 報恩講 説教:八神正信師、お斎あり
11/23:午前10時~、午後1時~ 法光寺 報恩講 法要と法話 お斎あり
11/24~25 碩善寺 ご本山報恩講参り 一泊二日旅行
11/21~28のいずれか 上宮寺 本山報恩講団体参拝 バスにて日帰りで報恩講に参拝
12/5:午前10~午後3時 安順寺 報恩講 講師:今泉温資師、お斎あり
12/8:午前10時~午後2時 教心寺 成道会
成道会(じょうどうえ):釈尊の成道(悟りをひらかれたこと)を記念して行われる法要。日本では、釈尊は12月8日に成道されたと伝承されている。
仏教聖典読誦、「ミャンマーの仏教事情」(住職話)、お斎(兼忘年会)・ゲーム大会
12/7:午前10時半~正午 順覚寺 報恩講 勤行、法話:加藤義彦・順覚寺住職
12/8:午前10〜, 午後1時半〜 光圓寺 報恩講 お斎あり
12/8:午前10時~、午後1時半~ 願正寺 報恩講 説教:八神正信師、お斎あり
12/10 昭和寺 報恩講 説教:前田和丸師、お斎あり
12/12 一心寺 年末法話 住職法話
12/16:逮夜法要 上宮寺 東別院報恩講参拝 東別院の報恩講でお斎をいただき、逮夜法要に参拝